板金塗装YKB

板金塗装

板金塗装

鈑金塗装(板金塗装)とは、事故などで損傷したり老朽化した自動車のボディ-を元通りに修復する仕事です。 
小さなキズ・凹みから、原型を留めないほどの損傷まで、専用の設備と自動車メーカーが使用しているのと同等の品質の塗料を使うことで新車と同じようなピカピカでツルツルのボディを取り戻します。

板金塗装と一言で言ってもどこまでこだわって作業するかは工場によってまちまちです。
大事な愛車を預けるのであれば金額だけで比較するのは危険です。最適な修理とは損傷範囲の適切な見極めと後々の車体にダメージの少ない車にとっても優しい修理方法ではないでしょうか。作業方法を変えるだけで驚くほど金額が変わる場合もありますがその違いによっては品質にリスクが発生する場合もあります。もちろん使用する設備や材料、適切な工程が品質を左右しますがその違いを説明してくれるような工場ならば安心ではないでしょうか。

作業者の技術はもちろん豊富な経験から得た、その時の最適な判断やちょっとしたひと手間、オーナー様の車を自分の車の様に想う気持ちが大切にされている愛車の仕上がりを大きく左右します。

YKBでは’何もなかったかの様’にをいつも目指しています。
そんな考えをこだわりのオーナー様にこれからもお伝えしていきたいです。

車が新しいか古いか、でも無く、 車種でも無い
〝かわいい大切な愛車をどこに預けるのか〟という時に一度連絡下さい。

小さなキズや凹みの修理から、ネットオークションで購入したエアロパーツの取り付け、ヘッドライトの曇り取り、車内清掃、全塗装、ホイール塗装、自動車保険のご相談等々、お車に関するお悩みごとがありましたら車種(国産車・外車・軽自動車)を問わずお気軽にご相談下さい。

【小牧市の板金塗装専門ショップ YKB】
 ・鈑金塗装 ・小さなキズ、凹みの修理 ・大きなキズ凹みの修理

 ・大規模な修理(大破)

 ・保険修理 ・ヘッドライト曇り取り 

 ・ルームクリーニング  ・全塗装(オールペン)

 ・部分塗装

 ・エアロパーツ取付    ・ホイール塗装     ・他

自費修理と保険修理の違い

保険を使っての修理でも、保険会社は修理費のばらつきの無いように統一した標準金額を各作業毎に決めています。ですがこれは適当な作業をする工場でもしっかり手間を掛けて修理をする工場でも支払われる金額は同じと言う事です。
では、オーナーがどの工場を選べばよいのかの判断は難しいと思います。

YKBでは標準的な作業に満足出来ないお客様から追加料金を頂いて、拘った作業の依頼も時々いただきます。

保険会社が考える修理方法や修理金額と言うのは「車に対して良かれ」の考えで決められるのではありません。
いかに修理金額を抑えられるのかが前提なのです。

事故修理において「保険を使うのならばディーラーにお願いすれば良いんだよね」とよく聞きます。

今の医療では手術しなくても違った方法で治療出来る様々な方法があります。

愛車の事故修理も保険を使うんだから全部交換すれば良いと思っていらっしゃるオーナー様が未だ多くいらっしゃいます。
全て間違いだとは思いませんが、クルマの年式や損傷の程度や場所、色の種類などによっては保険を使う場合でも交換せずに修理する方がベストな時もあります。クルマへのダメージ、売却時の査定への影響など総合的に考えるべきなのです。

セカンドオピニオン的な立場でご提案できる事が有るかもしれません。
お役に立てることがあるかもしれませんのでご相談ください。

あまり知られていない残念な事ですがクルマの修理はどこで直しても同じ仕上がりではありません。
ですが一般的には指摘されなければ分かりづらいところです。
隠れて見えなくなってしまう所は尚更どうなっているのか分かりません。
値段だけでお店を選んでしまうとそのクルマを手放す時に査定に影響してしまうことがあるんです。

これは決してYKBで直したクルマが査定に響かないと保証するものでは有りませんが、査定の影響が少しでも少なくなる様な修理方法を絶えず検証しながらその時の最善を尽くして修理させて頂いています。
ですのでどのクルマも一台ずつしっかり時間を掛けて作業していますので他よりもお時間も頂いています。
効率重視な工場ではそこまで細かな作業はきっと出来ないのではないでしょうか?
いつまでも美しいクルマに乗りたいのであれば、しっかりとした技術を持った人が丁寧に作業する以外、他に方法はないなではないでしょうか?

時間と手間を惜しまず掛けて修理させていただきますので、値段で選んでいただける工場ではありません。
でも納車の時にはお客様の満足していただける事を確信しています。

鈑金塗装のお話

板金塗装作業の流れ

Step 1 修理部分の確認
鈑金修理の流れ①:修理部分の確認修理をご希望のお車でご来店、またはお問合わせフォームから修理予定箇所の写真を添付していただければ概算費用をお見積りします。

お見積りフォーム

Step 2 修理方法のご提案、お見積り
鈑金修理の流れ②:修理方法のご提案・お見積り例えば、「保険を使う」または「保険を使いたくない」とか「できるだけ安く」など、お客さまのご予算やご要望をしっかりとお聞きし、最善な修理方法をご提案させていただきます。
Step 3 入庫・作業
鈑金修理の流れ③:入庫・作業開始小さなキズであればお見積りした当日中に修理可能な場合もありますが、通常は部品の手配や作業が必要になりますので、修理に数日から数週間の日にちをいただくことになります。
Step 4 納車
鈑金修理の流れ④:修理完了~納車修理完了後、簡単な室内外の清掃・修理箇所のチェックなどを行います。 その後、仕上がりのご確認をいただき、ご納得いただけましたら納車となります。
  • ※自走不可能な場合は、ご加入の保険会社のレッカーサービスをご利用いただくか、積車にて引き取りに伺います。
  • ※修理期間中は、ご希望があれば代車のご利用も可能です。

ディーラー・フランチャイズ店との比較

事故や破損など、お車に何かあると購入した自動車ディーラーに持ち込むケースが多いと思います。 また、最近ではテレビCMなどで有名な鈑金修理フランチャイズ店やガソリンスタンドなどでも板金修理をご依頼できますが、どこで修理するのが一番なのでしょうか?  

  自動車ディーラー フランチャイズ店
ガソリンスタンド
板金塗装専門ショップ
(YKB)
修理費用 ×
納期 ×
仕上り ×
専門知識 ×
柔軟な対応 ×

ほとんどの自動車ディーラーは、当店のような鈑金塗装ショップに外注しているのが実情です。 ということは、直接鈑金塗装ショップに持ち込んだ方が、料金も安く仕上りも確実で柔軟なサービスを受けることができるということです。
仕上げより価格重視という場合は大手フランチャイズ店になると思いますが、価格は統一されていても技術や知識は店舗により当たり外れがあるので注意が必要です。

リサイクルパーツ

リサイクルパーツ中古車や廃車からの部品をきれいにクリーニング・調整し、一定の基準を満たす部品だけを再利用するのがリサイクルパーツです。
 
部品によっては組立や塗装の手間が省けるので大幅に修理費を安くすることが可能です。
 
YKBではお客さまとご相談しながらリサイクルパーツ・リビルドパーツを積極的に使用することで、修理費用を削減するよう努めています。

小さなキズ・凹み

【部位・規模】

バンパーの擦り傷やドアのえくぼ(凹み)など、破損の規模が小さい場合の修理になります。

【修理方法】

破損部を研磨したり、裏側から叩き出した上で塗装します。 キズが浅ければ研磨するだけでキズが消える場合もあります。

【修理期間】

1~3日程度

小さなキズ・凹みの施工例

大きなキズ・凹み

【部位・規模】

大きな変形を伴なうキズ・凹みの修理になります。

【修理方法】

修復可能な部分は研磨したり、裏側から叩き出しすことで修理します。 修復するより交換した方が安上がりな場合はリサイクルパーツや新品の部品に交換します。

【修理期間】

1~2週間程度

大きなキズ・凹みの施工例

大規模な修理(中破~大破)

【部位・規模】

事故などで車のフレーム(骨格構造)が変形するほどの大規模な破損の修理になります。

【修理方法】

破損の状態を正確に診断し、部品を取り外した上でフレーム修正機を使用してミリ単位で元の状態に戻します。
フレーム修正後、各部位を板金塗装または部品交換することで直します。 最後に外した部品を戻して完成になります。

【修理期間】

2週間~

大規模な修理の施工例


TOP