板金塗装YKB

ニュース&ブログ

名古屋より入庫の大人のおもちゃ、ケーターハム スーパーセブン。
乗ってる人はみんなオジサン。

赤色が褪せて年季が入っていることが感じられます。今回のご依頼は、赤色の塗装の部分の再塗装とフロントフェンダーの変更です。
長い間眠っていたらしいです。流行りの納屋物ですか?

この状態で凄くドライビングが上手かったら、それはそれで格好良いと思うんですが。そこんところはダメだそうです。

見えずらいかもしれませんがノーズコーンはクラックがすごく多いです。

フロントフェンダーは従来のクラムシェルフェンダーからサイクルフェンダーに変更します。
こんなんで道路を走っても良いのが不思議なくらいです。

塗膜の表面だけでなく、素材部分まで結構深くクラックが入っています。

過去にぶつけた場所はファイバー部分も割れてしまっています。

もちろん写真のような酷い割れはFRPの修理をした後に塗装となります。写真を撮り忘れました。

二人乗りのセブンは塗装ブースに入れてみるとサイズの小さいことがよくわかります。が、このセブン慣れないと視線が極端に低いので周囲の見づらさがある上、サイドミラーから見る後方視界の感覚が他の車と全くちがうため(車幅よりもかなり内側にミラーがあるため)、バックでの駐車に苦労します。

フロントオーバーフェンダー、フロントノーズコーンは外して塗装します。

リアフェンダーは予算の都合上、車体につけたままマスキングをして塗装しました。リヤフェンダーの取り付け部分が車体の内側トリム(と言ってもアルミの板なんですが)でアクセスできず、しかもそのトリムもすべてリベットで止まってましたので。泣

塗装が割れて素材が見えてしまっていた部分も補修しキレイに塗装しました。

フロントのサイクルフェンダーは専用のブラケットを使用して取り付け完成です。 ブラケットの中を通るウィンカーの配線も必要でした。

ウィンカーを取り付けるためにサイクルフェンダーに穴あけ加工をしました。

低い目線で観るクルマですね!!

サイクルフェンダーに換装するにあたって、実際に取り付けてハンドルを切るとフェンダーとヘッドランプブラケットが干渉してしまうためヘッドランプも少しだけ移動しました。
ハンドル切るとタイヤと一緒にフェンダーも付いてきちゃいますからね。

これから少しずつ手を掛けて格好良く仕上げてくださいね!
タイヤだけは直ぐに変えてくださいねぇ~

腐食で少し粉を吹いたアルミむき出しのボディー部分の磨きはお客様の楽しみのためにとっておきました 笑

これからの季節はオープンカーで走るにはもってこいです。
花見やドライブ楽しんでほしいと思います。
でも飛ばし過ぎはだめですよぉ~!

 

友だち追加


TOP