板金塗装YKB

ニュース&ブログ

今回はレクサスのブレーキキャリパーを黒から赤へ色変えの依頼です。
お客様にはクルマからキャリパーをはずして持ってきていただいたのでレクサスの車種まではわかりません。ごめんなさい。

これが色を変える前の状態です。

ブレーキオイルが垂れてこない様にしっかりとオイルを抜きます。その後洗剤を使ってこびり付いたブレーキダストなどを洗い流したら足付けと言ってペーパーをあてて細かいキズをつけていきます。色を密着させるための大事な作業です。車体の塗装と同じ作業をします。部品が小さいので手間がかかります。

塗らない部分にはマスキングテープで保護をします。
足付け同様、普段より細かい作業に時間がかかります。

老眼も始まっていますので眼鏡もおでこに着けるヘッドランプも欠かせません!

マスキングが終わると
下の写真のようにつるして塗装します。

本体全体を赤で塗ったところです。

次に「レクサス」の文字を塗るためにあらかじめ作っておいたマスキングシールを貼ります。宙に浮いたキャリパーの決まった所に真っすぐ貼るのは難しいです。よく失敗しちゃうので予め多めに作ってあります。


文字の部分が切り抜かれています。

白で塗ったところです。後から剥がす事を考えて厚塗りは出来ません。

マスキングシールと周りの紙をはがすとこんな感じです。

完成です!

キャリパー塗装の依頼は赤色が多いですが、他の色で塗る事も文字の色や大きさの変更も可能です。興味のある方はお問い合わせください。

 

 


TOP